WHO

2012年01月24日

感染研修会〜手指消毒〜

今日は、感染の研修会がありました
遠方より(大阪の会社です)講師をお招きし、手指消毒の大切さを勉強させて頂きました

目に見える汚れが手に付いていたら、もちろん手を洗いますが、目に見えない汚れの場合は、毎回洗わなくても良いとの事で、『手を洗う』よりも『消毒する』方が重要だとの事でした
何度も手を洗うと、どうしても手が荒れてしまう。そこにウィルスなどが入り込むと、なかなか殺せないようです。
また、当たり前の事ですが、最低限、患者さん(御利用者様)に触れる前と、触れた後は、手洗いと消毒。
インフルエンザ等の院内感染も、これで大分防ぐ事が出来るそうです(大分はしょりましたが)

この研修会の中でも紹介された、手指消毒のビデオ、なかなかカッコ良くて面白かったです
WHO(世界保健機関)が作成した手指消毒のプロモーションDVDらしいですが、YouTubeで誰でも見る事が出来ます

消毒した手で、ドアノブを触らない(1:05〜)
消毒してない手で患者を触ろうとしたら、手をつかまれる(2:15〜)

など、なかなか細かい事をやってます
このビデオを見ると、患者さん(御利用者様)だけでなく、物品に触れる前と、触れた後に毎回消毒しているのが良く分かります
なかなか、ここまでは出来ないでしょうが、少しずつでもやっていければと思います


rising_sun_151a at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
このブログを書いてるのは♪

ライジング

1976年、兵庫県豊岡市で生まれる。鰹節・昆布の専門店を営む三代目!!
土木・造園施工管理技士、レクリエーションインストラクター・介護福祉士等、異色の経歴を持つ!!

鰹節や昆布を主体とした『旨味・香り・栄養』!三拍子揃った日本の“だし文化”は、古来より受け継がれ、これから未来へと続く大切な文化です。日本の、だし文化の向上と、更なる発展の為に誠心誠意尽力して参ります!
いざ!!だし文化を世界へ!!

Twitter
rising37をフォローしましょう
~だし文化を世界へ~
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
記事検索
チューナー
現在の順位