竹の子

2012年05月06日

竹の子堀り

今日は大阪の親戚と一緒に、竹野の山に竹の子掘り
朝8時頃、雷まで鳴って大雨で、どうしようかと思ってましたが、9時頃になると晴れ間も出て来ました
今年はどこも豊作と聞いてるので楽しみです

11時頃、到着
快晴です
今年は・・・
・・・
・・・


一本めっけ
写真 12-05-06 10 52 14

また一本めっけ
写真 12-05-06 10 52 25

これは育ちすぎか
写真 12-05-06 11 15 47

こっちには4本も
写真 12-05-06 10 57 23


昨年はさんざんでしたが、今年は何と何と大豊作
まだ沢山生えてましたが、これだけ取ったら、もういいや
写真 12-05-06 11 33 36


rising_sun_151a at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年04月29日

竹の子堀り

今日は、竹野の奥須井へ竹の子掘りへ
ここは、お爺さんの故郷で、うちの竹の子山があります
昨年は、まあまあ
一昨年は不作
その前の年は大豊作でした


竹藪が黄色いと不作らしいですこれは一昨年撮った写真ですが、今年も似た様な感じでした

山に入ってみると、イノシシに食われた跡が皮はさすがに食べない様です
結局、小さいのが一本。皮を剥いたら無くなってしまいそうな可愛いのが二本だけでした

来年に期待です

rising_sun_151a at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年04月26日

竹の子掘り2010〜浅茂川温泉 静の里へ

一昨年から、我が家の恒例行事になっている、竹の子掘り
竹野町奧須井に、祖父の持っていた竹の子山があり、快晴の中、掘りに行きました
ちなみに、2008年は大豊作
こんなに沢山掘れました
竹の子堀り2008

2009年は、超大不作
竹林は、こんなに真っ黄色で、いのししが食べた後も、ほとんど無く、全くと言っていい程採れず
竹の子掘り2009


そして今年は・・・
竹の子堀り

おっ今年も去年程では無いが、何か黄色いぞ
竹の子堀り

・・・無い・・・無い・・・
アッチもコッチも、イノシシに食われてる
今年は豊作だが、結構早く出ていた様だ
半ば諦めかけていた所・・・
あったぁ
竹の子堀り

おっこっちにも
竹の子堀り

おっこっちには二本
竹の子堀り

幸いな事に、まだイノシシに食われていない所があった
一昨年程では無いですが、結構採れました
竹の子堀り


来年は、また不作の年回りなのだろうか・・・
家に帰ると、竹の子泥棒のニュースをやっていました

□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□
竹の子掘りから帰り、京丹後市網野町にある『浅茂川温泉 静の里』
浅茂川温泉

浅茂川温泉

日本海沿いにあります
浅茂川温泉

浅茂川温泉

『静の湯』と『義経の湯』は、日替わりで男湯と女湯になり、それぞれ、源泉漕・打たせ湯・寝湯など数種類の浴槽が楽しめますまた、何と言っても、日本海が一望出来る、大浴場・展望ロビー・レストランは格別です
浅茂川温泉

浅茂川温泉


『浅茂川温泉 静の里』の詳細を【湯けむり旅情マップ(京都府編)】にupしました

rising_sun_151a at 23:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年05月12日

竹の子堀り

竹野町奥須井に竹の子掘りに・・・

昔、祖父が住んでいた屋敷跡です。今は隣の家のおっちゃんが管理されている様で、きれいです。
・・・ちなみに隣の家のおっちゃん、“気さくなランディーバース”ってな感じです
CA3C0041

外観は石積みされてます
CA3C0040


のどかな田園風景・・・・・いざ竹の子掘りへ
CA3C0036
CA3C0037

CA3C0038






何と一本も生えてない
イノシシが掘った跡さえ、ほとんど無い
隣の家のおっちゃん曰わく
『ここ20年で、こんな年見た事無いわ』
って、マジ〜

手ぶらでは帰れないので、フキを少々
CA3C00390001

悔しいので、去年の成果を載せときます
去年は、ホントにこれだけ取れたんだぁ
CA3700870001

時季も少し遅かった様で、来年は4月25日前後に行く予定です
来年に期待



rising_sun_151a at 17:45|PermalinkComments(4)TrackBack(0)
このブログを書いてるのは♪

ライジング

1976年、兵庫県豊岡市で生まれる。鰹節・昆布の専門店を営む三代目!!
土木・造園施工管理技士、レクリエーションインストラクター・介護福祉士等、異色の経歴を持つ!!

鰹節や昆布を主体とした『旨味・香り・栄養』!三拍子揃った日本の“だし文化”は、古来より受け継がれ、これから未来へと続く大切な文化です。日本の、だし文化の向上と、更なる発展の為に誠心誠意尽力して参ります!
いざ!!だし文化を世界へ!!

Twitter
rising37をフォローしましょう
~だし文化を世界へ~
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
記事検索
チューナー
現在の順位