光の湯

2010年05月13日

【にっぽん漫遊記】 夜勤明けで、舞鶴〜三方五湖〜たかお温泉へ

今日は、夜勤明けで舞鶴方面へ
まずは『みちの駅 舞鶴港とれとれセンター』で休憩
道の駅 とれとれセンター

道の駅 とれとれセンター

お昼はピチピチの、お刺身さすがに美味しかったです
道の駅 とれとれセンター


途中、舞鶴港には、海上自衛隊の船が格好ええ〜
海上自衛隊


特に目的地は決めて無かったのですが、とりあえず、小浜方面に
まだ時間も早かったので、三方五湖の方まで走ろうかと、急遽決定

・・・・・・という訳で、『三方五湖レインボーライン』に到着
レインボーラインの料金所(1000円)を過ぎた所で撮影なかなかの眺めです
三方五湖 レインボーライン

『三方五湖』は、日本海と日本海の間にある、5つの湖
こんな感じです
一番左側は日本海
左上から『久々子湖(くぐしこ)』 『菅湖(すがこ)』 『三方湖(みかたこ)』
左下から『日向湖(ひるがこ)』 『水月湖(すいげつこ)』
三方五湖 レインボーライン

山頂公園に登るには、リフトとケーブルカーがありますどちらも800円と、少し高いですが、しょうがありませんお好きな方で
登りは、リフトで上がりました
こんなリフトは、数年前にスキーに行って以来で、なかなか怖かった
三方五湖 レインボーライン

800円を払っただけの事はありました山頂公園からは、素晴らしい景色が望めます
こちらが、上で紹介した5つの湖
三方五湖 レインボーライン

三方五湖 レインボーライン

こちらは、日本海こちらも素晴らしい眺めです
三方五湖 レインボーライン

ここは、五木ひろしさんの故郷でもあるようで・・・
三方五湖 レインボーライン

ここは『恋人の聖地』でもあるようで・・・
三方五湖 レインボーライン

帰りは、ケーブルカーで降りました
眺めは最高ですが、怖え〜
PAP_0011

おみやげ屋さんで、『三方五湖レインボーライン』限定のものを買い、【にっぽん漫遊記】に加えました
三方五湖レインボーラインが覗ける、“ひょうたん”です
三方五湖 レインボーライン

覗けますか?
三方五湖 レインボーライン


□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□
帰り道で『たかお温泉 光の湯』に行って来ました

看板
たかお温泉 光の湯

外観
たかお温泉 光の湯

この温泉は、ナトリウム-炭酸水素塩泉という事で『美人の湯』と呼ばれ、肌がとてもすべすべしました浴槽も、バイブラバス・寝湯・ホットベンチと、数種類あり、ゆっくりと楽しめました

『たかお温泉 光の湯』の詳細を【湯けむり旅情マップ(京都府編)】にupしました

rising_sun_151a at 23:59|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

【湯けむり旅情マップ(京都府編)-51】たかお温泉 光の湯

『はじめに・・・』

『温泉プロフィール』
整理番号:51
温泉地:たかお温泉
施設・源泉名:光の湯
住所:京都府舞鶴市十倉71
営業時間:10:00〜23:00(受付は22:30まで)
定休日:年中無休
入浴料:(大人)700円(小人)350円(2歳未満)無料
駐車場:130台(無料)

看板
たかお温泉 光の湯

外観
たかお温泉 光の湯


大きな地図で見る

□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□
『施設・サービス』
男女別内風呂:有り(大風呂・バイブラバス・寝湯・ホットベンチ・水風呂)
男女別露天風呂:有り
貸切風呂:無し
サウナ:有り(フィンランド式タワーサウナ(遠赤外線作用とマイナスイオン効果で、新陳代謝を促進。高さにより、温度が違うのも特徴的))
岩盤浴:無し

タオル:有り(有料)
バスタオル:有り(有料)
ボディーソープ:有り(無料)
シャンプー:有り(無料)
ドライヤー:有り(無料)

休憩処:休憩コーナー(無料)
食事処:『レストラン』(日曜〜木曜)11:00〜21:30 (金・土・休前日)11:00〜22:00(各種定食・丼物・麺類・カレー・酒類・ドリンク・ソフトクリームなど)
リラクゼーション:
リラクゼーションルーム・アカスリコーナー(11:00〜22:00受付終了)予約専用TEL:0773-77-0122
マッサージ機コーナー
その他付帯施設:自販機コーナー・お土産処

□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□
『泉質・効能・泉温』
泉質:ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉(低張性弱アルカリ性)の療養泉
効能:神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・関節のこわばり・うちみ・くじき・慢性消化器病・痔疾・冷え性・病後回復期・疲労回復・健康増進
きりきず・やけど・慢性皮膚病・虚弱児童・慢性婦人病
泉温:26.5℃

□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□
『TEL/FAX・ホームページ・E-mail』
TEL/FAX:0773-77-1126
URL:
【たかお温泉 光の湯 公式ホームページ】
http://www.hikarinoyu.com
E-mail:無し
その他:特に無し
感想:ナトリウム-炭酸水素塩泉という事で『美人の湯』と呼ばれ、肌がとてもすべすべしました浴槽も、バイブラバス・寝湯・ホットベンチと、数種類あり、ゆっくりと楽しめました(2010.05.13)

□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□
【関連記事】
『【にっぽん漫遊記】夜勤明けで、舞鶴〜三方五湖〜たかお温泉へ』2010.05.13

□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□
『他の温泉地へ』
【湯けむり旅情マップ(兵庫県北中部編)】
【湯けむり旅情マップ(兵庫県南部編)】
【湯けむり旅情マップ(京都府編)】

rising_sun_151a at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
このブログを書いてるのは♪

ライジング

1976年、兵庫県豊岡市で生まれる。鰹節・昆布の専門店を営む三代目!!
土木・造園施工管理技士、レクリエーションインストラクター・介護福祉士等、異色の経歴を持つ!!

鰹節や昆布を主体とした『旨味・香り・栄養』!三拍子揃った日本の“だし文化”は、古来より受け継がれ、これから未来へと続く大切な文化です。日本の、だし文化の向上と、更なる発展の為に誠心誠意尽力して参ります!
いざ!!だし文化を世界へ!!

Twitter
rising37をフォローしましょう
~だし文化を世界へ~
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
記事検索
チューナー
現在の順位