マンガ

2010年10月24日

【オススメ漫画&アニメ】-『バクマン。/原作:大場つぐみ・漫画:小畑健』

NHK教育テレビで、絶賛放送中その名も『バクマン。』
バクマン。

このネタは、一ヶ月くらい前にupしたかったのですが、僕自身のフロア異動などで、バタバタしており、遅くなってしまいました
・・・と言いますのも、週間少年ジャンプで好評連載中の『バクマン。』のアニメ放送が、10月2日(土)より始まったのですしかも民放ではなく、何とNHK教育テレビで

原作:大場つぐみ
漫画:小畑健
このタッグは・・・・・そう映画化にもなった、あの大ヒット作『DEATH NOTE(デスノート)』を作られた、お二人です
『ジャンプコミックス』としては、10月4日に10巻が出た所です

【あらすじ】
主人公の二人、中学三年生の真城最高(ましろもりたか)と高木秋人(たかぎあきと)は漫画家を、そしてヒロインの亜豆美保(あずきみほ)は声優を目指すそして真城と高木が作った漫画がアニメ化し、そのヒロインの声優を亜豆が演じる・・・というのが三人の夢そして、夢が叶ったら(真城と亜豆が)結婚しよう・・・と。
“三人の夢を叶える”という意味を込め、『亜城木夢叶』というペンネームで、漫画を書き始める・・・。
バクマン。-2

この漫画の面白い所は、一つの作品が、ジャンプに載るまで、そして、アシスタントを雇い、実際どうやって連載していくのか・・・漫画の面白さ、奥深さ、連載の厳しさ、人と人の関わり合いなど、ジャンプの裏側も分かる所に興味をそそられました
ちなみに、週間少年ジャンプの連載では『ジャンプ』と、そのまま載っていますが、アニメでは『週間少年ジャック』と名前が変えられています
また『バクマン。』に登場する編集者の名前は・・・
うんぼぼさんおすすめの『ONE PIECE』の編集者『服部ジャン=バティスト哲さん』を『服部哲(はっとり あきら)』
『DEATH NOTE』の担当をしていた『吉田幸司さん』は、そのまま『吉田幸司(よしだ こうじ)』
などと、ほとんど名前を変えずに登場している様です


そして、『亜城木夢叶』の漫画よりも、一足お先に『バクマン。』がアニメ化
10月2日に始まり、昨日23日に第4話まで進んでますが、まだまだ始まったばかりなので、今から見ても充分間に合いますよ

オープニングテーマは、コブクロの『Blue Bird』


ライジングおすすめの漫画&アニメでした

P.S:『バクマン。』について、もっと詳しく知りたい方はコチラをどうぞ

rising_sun_151a at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
このブログを書いてるのは♪

ライジング

1976年、兵庫県豊岡市で生まれる。鰹節・昆布の専門店を営む三代目!!
土木・造園施工管理技士、レクリエーションインストラクター・介護福祉士等、異色の経歴を持つ!!

鰹節や昆布を主体とした『旨味・香り・栄養』!三拍子揃った日本の“だし文化”は、古来より受け継がれ、これから未来へと続く大切な文化です。日本の、だし文化の向上と、更なる発展の為に誠心誠意尽力して参ります!
いざ!!だし文化を世界へ!!

Twitter
rising37をフォローしましょう
~だし文化を世界へ~
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
記事検索
チューナー
現在の順位