2010年08月22日

夏の京都嵐山巡り

今日は京都の嵐山へ、レッツゴー
人生初の“人力車”に乗ってみたいと思い、事前に調べてましたが、嵯峨嵐山の駅を降りた所で、人力車の“えびす屋”さんが何台も待っておられました
ただ、さすがに、いいお値段
二人だと、一区間で3000円。二区間だと6000円。
30分貸切コースで、8000円。・・・二時間貸切で30000円。・・・三時間以上の『大名コース』なんてのもあるみたいです

とりあえず、初めてやし、一区間だけの3000円コースで
さあ、嵯峨嵐山駅をスタートです今日も暑くなりそうですこのお兄さん、もう13年もされている様ですすごい
CIMG0071-1

嵐山の町並みを人力車から見下ろしながら・・・爽快な気分です
CIMG0072-1

竹林に入ると少し涼しくなりました
CIMG0073-1

ここで人力車の、お兄さんが
『カメラを持って居られたら、写真を撮りましょうか
CIMG0074-1.JPG

『アソコを見てて下さい』と、少し上らへんを
パシャ
CIMG0075-1.JPG
ほうなるほどいいアングルです

この通って来た竹林、なかなかいい感じです
CIMG0084-1

竹林の途中、野宮(ののみや)神社の前で、一区間終了
今回は一区間だけでしたが、次回は貯金して、もっと沢山案内してもらおうと思いますめっちゃ乗り心地も気分も良く、楽しかったですおおきにぃありがとうございました

『良縁・子宝・学問の神様』野宮神社
良縁の“絵馬”と言うんでしょうか?これも初体験せっかくなので、エッセイ風に書いてみました
CIMG0077-1.JPG
『同じ年、同じ豊岡で産まれ、違う人生
 を歩んだ2人が同じ職場で出逢い
 ほどけた赤い糸が結ばれた。
 このお互いの素晴らしい思いやりと素敵な
 笑顔を持ち続け いつまでも楽しい人生を共に
 歩んでいけますように。』

一番見えやすい場所に掛けておきました
CIMG0078-1.JPG

野宮神社を出た所で、また一枚
日本最古の黒木の鳥居が、とても珍しいです
CIMG0080-1.JPG

帰りは歩いて、世界遺産にも指定されている『天龍寺』の庭を通りました昔は、西も東も北も南も天龍寺という、広大な土地だったらしいです

梅干し専門店でしょうか『おうすの里』
CIMG0087-1
ここの店員さん、どれだけ試食させてくれんのというくらい、めっちゃ沢山、試食させて頂きました
せっかくなので
少し甘めの梅干し『恋した梅』と、
鍋などに入れても美味しい『梅しそとうがらし』
を買って帰りました
CA3C1128

そして渡月橋方面へ
渡月橋をバックに
CIMG0091-1.JPG

桂川(保津川)のせせらぎが、ほんの僅かですが、涼しさを運んで来てくれます
CIMG0093-1

そして、これも人生初のボート
CIMG0094-1.JPG

良く職場の体操とかで『ボートを漕ぐ様に』とか言いますが、実際ボートを漕ぐのが、こんなに難しかったとは
ボート屋のおっちゃんに、少し教えて頂き、10分もすればコツが分かって来ました初めは転覆するかと思った(笑)

お昼も過ぎ、お腹も減って来た所で、お昼御飯に
美味しそうな看板が目に入る
『京おばんざいバイキング ぎゃあてい』
CIMG0104-1

CIMG0105-1

沢山の京料理があり、とても美味しかったです
CIMG0100-1

デザートも、たっぷり
CIMG0103-1

帰りに『京バーム』を買って帰りました
バームクーヘンが大好きな僕ですが、これは旨い抹茶の香りと、食べた時のしっとり感は絶品です
CA3C1124


今回は、人力車・絵馬・ボートと、初体験のものばかりとても新鮮で純粋に楽しめました
ただ、暑かった海水浴に行ったかと思うくらい日焼けしちゃいました
次回は秋の紅葉の時期に、また京都へ来たいと思ってます

rising_sun_151a at 23:59│Comments(2)TrackBack(0) プライベート | 旅行・ドライブ

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by うんぼぼ   2010年09月02日 23:51
5
おっと、この記事、見落としてました。

って、か、彼女ですか
2. Posted by ライジング   2010年09月07日 22:14
返信大変遅くなりました
そうですね
また良い知らせが出来ればと思います

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
このブログを書いてるのは♪

ライジング

1976年、兵庫県豊岡市で生まれる。鰹節・昆布の専門店を営む三代目!!
土木・造園施工管理技士、レクリエーションインストラクター・介護福祉士等、異色の経歴を持つ!!

鰹節や昆布を主体とした『旨味・香り・栄養』!三拍子揃った日本の“だし文化”は、古来より受け継がれ、これから未来へと続く大切な文化です。日本の、だし文化の向上と、更なる発展の為に誠心誠意尽力して参ります!
いざ!!だし文化を世界へ!!

Twitter
rising37をフォローしましょう
~だし文化を世界へ~
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
記事検索
チューナー
現在の順位